タイヤ交換・取付・販売店検索はタイヤピット  > 福岡県  > 糟屋郡新宮町  > (株)吉田石油店 香椎セルフSS  > ブログ一覧  > ブログ詳細
初めての方へ

(株)吉田石油店 香椎セルフSS

ブログ詳細

BLOG

2018年10月20日

TPMSパッキン交換

TPMSパッキン交換の作業風景をご紹介します。


TPMS (タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム Tire Pressure Monitoring System)
つまり、空気圧チェックセンサーです。
※正確には『直接式TPMS』

数年前から標準搭載又はオプションで選べる車種が
増えてきています。
タイヤの空気圧が減ると、ドライバーに知らせてくれる
頼もしい装備です。
マイカーにも付けたいんだけどなー(´・_・`)

一部の欧米諸国では、搭載が義務化されています。

今回はそのパッキン交換の作業風景を紹介します。


こちらがTPMS一体型のバルブです

 

意外かもしれませんが、タイヤを外す前にTPMSから外します。

 

取外したTPMSです、黒いゴムパッキン部分が白く腐食してるのが確認できます。

 

キャー

 

バルブホール部分を掃除します

 

古いパッキンを外して、新品パッキンに交換します。

 

最後に取付です
ボルトの締付けは、長年の経験と勘・・・・・・
ではなく!
トルクレンチを使用して、TPMSメーカーが定めた
『規定トルク値』で締付けます。

 

以上で完了です。

上記の様に、TPMSが装着されたホイールのタイヤ交換は

TPMSを外す

ホイールからタイヤを外す

TPMSを装着する

タイヤをホイールへ取り付ける

が本来の作業手順らしいです。

パッキンは一度外すと再利用出来ないので
その都度、新品交換となります。

当店では通常、直接式TPMSが装着さえていれば
必ずに先に外すので、その都度
パッキンも一緒に交換させていただいています
※一部対応できないタイプ『外車』もあります。


ご覧いただき、ありがとうございました。(* ´ ▽ ` *)

吉田石油店 香椎セルフSS

ホームページ

http://yoshidass.web.fc2.com

ブログ一覧へ戻る
(株)吉田石油店 香椎セルフSS

12~19インチまで、お受け可能です。

店舗の詳細を見る