初めての方へ

エリアから取付店を探す

各都道府県をクリックすると、
登録された店舗一覧画面が表示されます。

取付店を郵便番号から探す

 - 

お客様の声

User's Voice2019年8月21日 08:54最新

タイヤ交換の基礎知識

Basic knowledges of tire exchange

01. 残溝と交換時期の目安

タイヤの残溝の深さは1.6mm以上必要であると法令で定められており、これに違反すると車検に通すことができません。タイヤ交換の目安はタイヤの側面にある三角形のスリップサインで確認が可能です。

このスリップサインのトレッド面(走行面)には意図的に1.6mm盛り上がった凸部分があり、この盛り上がり部分よりトレッド面(走行面)が下がると1.6mmを下回っているという意味になりますので、そうなる前にタイヤ交換をお勧めします。

02. ひび割れについて

タイヤはゴムで出来ている以上、経年による劣化は避けられません。経年劣化の特徴としてひび割れは良く知られていますが、ひびの深さや範囲、場所によっては走行中のバーストや、空気圧の低下による性能劣化とブレーキへの影響、ホイールの損傷等に繋がる場合もあります。

日々のこまめなタイヤチェックを実施し、大きなトラブルとなる前にタイヤ交換の専門店で確認を依頼しましょう。

03. すり減り方の注意点

タイヤのすり減り方にも注意が必要です。本来、タイヤのトレッド面(走行面)は地面と平行に接地しているので、トレッド面は均一に摩耗していきます。しかしながら、この摩耗が不均一に行われるといわゆる「偏摩耗・片減り」という状態で、こちらもタイヤのバーストや重大なトラブルに繋がりかねません。

もし、「偏摩耗・片減り」が起こっている場合は、車の足回り(特にアライメント)の確認・調整をタイヤ交換の専門店で行うようにして下さい。

04. タイヤの傷について

タイヤに入る傷の種類は様々です。カットやクラック、セパレーションなどがあり、それぞれ発生する原因も様々ですが、そのほとんどが走行中もしくは保管中の劣化などで発生します。

表面上の傷であれば見た目にも分かりやすいですが、タイヤの骨格を形成するカーカスやベルト、ビードなどに関する傷は見た目にはわかりづらいものです。

タイヤのサイドウォールを縁石に擦ったり、障害物と接触したりした場合は、専門家によるチェックをお勧めします。

05. タイヤ交換を専門店に任せるメリット

タイヤ交換を自分で行う事も可能です。しかしながら、ナットなどの適正部品、ジャッキやトルクレンチなどの必要工具・設備なども多く、個人では難しいタイヤ交換の作業(ホイールへの脱着、バランスなど)も少なくありません。

こういった複雑な作業を安全にかつ安心してお任せできるのがタイヤ交換の専門店と言えるでしょう。

タイヤピットは、車に関わるすべてのみなさまのカーライフの充実のために生まれたサービスです。
タイヤ交換をもっと身近に、早く安心して行っていただくために、タイヤ交換・取付の技術を持ち、腕に自信のある取付店をご紹介します。
タイヤ取付店さまのご登録も募集しています。